薔薇&すずらんのアイボリー彫刻のエヴァンタイユ

販売価格 0円(税込)
型番 Sep16-019
在庫状況 SOLD OUT












































19世紀(推定1860〜1890年) フランス
精巧で美しい彫刻のカーブド・アイボリーの扇子です。
王侯貴族や上流階級のマリアージュ(結婚式)の花嫁に作られたもので
奥深く細部にまで彫られた躍動感のある薔薇やすずらん、
随所に当時の職人の卓越した技術を見る事が出来ます。
ふっくら幾重にも重なる薔薇の花弁や、こぼれんばかりのすずらんのお花、
いにしえの花嫁の幸福な思い出として観賞用に額装されてもいいですが
骨組みやリペットなどもしっかりしているので実用にもお使いいただけます。
装飾の部分にごくわずかな損失があるものの(画像をご参照下さい。)
ご覧の通り、幸いあまり目立ちませんし、
アンティークの雰囲気を損なうようなものではございません。
メダリオンとモノグラムの深い彫刻がとても愛らしく、
うっとり、ため息の出るような逸品の扇子です。
アイボリーについては▲こちらから
(開いたサイズ)W34×21cm/(閉じたサイズ)W3.5×3×21cm
販売価格 0円(税込)
型番 Sep16-019
在庫状況 SOLD OUT

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて